2011年09月24日

映画のお話

P1010451.JPG


今回は映画評論家の富岡邦彦さんをお招きして、京都の映画事情をお聞きしました。
富岡さんは、インデペンデントの映画祭を運営するなど、精力的に活動しておられます。

 これからの映画はどうなるか、若者のエネルギーに未来がかかっています。

 なお、今回はコメンテーターの柴山が、急用で出演できなくなりました。









Video streaming by Ustream
動画のURL:http://www.ustream.tv/recorded/17470171


posted by メディアのメディア at 17:52| podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

五山送り火の松とマダガスカル




 8月は夏休みで放送を休んでいました。
 今日からまた再開です。

 夏休み中の出来事に、京都・五山の送り火がありました。
 夜の8時ごろから、大文字の火が灯り、妙法、船形、左大文字、鳥居形に次々と火が灯りました。
 まことに幻想的な宗教行事であり、お盆で帰省していた死者たちの霊が旅立つにふさわしい送り  火でした。

  ところで、五山送り火では、被災地・陸前高田の松を燃やす計画がありましたが、放射能が検出  されたことで急きょ中止になり、二転三転してマスコミ世論の批判を浴びた行事でもあります。
  弘法大師が始めたといわれる大文字焼は、人間の煩悩を焼き尽くす火祭りで、仏教行事でもあり  ます。
  煩悩を焼き尽くす火に、微量といえど火では焼きつくせない放射能が混じっていれば、仏教行事  の戒律理念に反することになります。陸前高田の松を燃やすのを止めた理由も、放射能が飛散す  るからでなく、伝統行事のポリシーに反するからです。
  伝統を守る、ということは一時の感傷に  流されることでなく、歴史の時間を生き抜くとい   うことです。

  元谷朋子は夏休み中に、マダガスカルへ行ってきました。マダガスカルといえば、原色の美しい  切手を思い出す切手マニアも多いでしょう。
  行ってみたいと思いつつ、なかなか行けない地球の秘境の一つです。
  どこにあるの? どうやって行くの? 

  珍しいマダガスカルの話をたっぷりお楽しみください。


 動画のリンクはこちら








Video streaming by Ustream
posted by メディアのメディア at 13:42| podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。